「JITAN BODY整体院 旭川」つらい痛み・しびれ・歪みを根本改善

oshio1

こんにちは!JITANBODY整体院です。

今回も皆さんの健康つくりに役立つ情報を発信していきます(^^)

ストレートネックって言葉を耳にしませんか!?

もしかしたらこちらをご覧の方は、整形外科等で言われた経験があるかもしれません。

最近では「スマホ首」などとも言われることもあり若い世代にも増えてきている症状です。

そもそもネック(首)ってストレート(真っ直ぐ)じゃないの!?

と思う方も多いかもしれませんね。

 

実は身体というのは、背骨のラインは真っ直ぐではなく、少し曲がった構造になります。

これは、重力や荷重が加わった際にクッションの役割を担っており、

首の場合は前弯の形になっていますが、その状態がストレートになっている状態の事をいいます。

近年スマホを使用する場合は、下向きの状態が続きやすいです。

下向き状態は、頭を支える首に大きな負担をかけ、首の前弯が次第に失われていきます。

他にもパソコンを使った長時間のデスクワークや

姿勢が悪い座り方などもストレートネックを引き起こします。

また、猫背の方は前かがみの姿勢は、首の周辺に絶えず負担が生じ

ストレートネックになりやすい傾向があります。

腰が前に傾き前傾する「反り腰」ですが、反り腰になると腰だけでなく

首にも負担がかかるため、反り腰の方はストレートネックにもなりやすいといわれております。

ストレートネックに伴う症状

ストレートネックを放っておくと危険?!

肩や首、背中、腰などが凝るというのが主な症状ですが、

重症になると痛みや痺れ、背骨の変形によって起こる頚椎ヘルニアを引き起こす恐れもあります。

 

他にも、手足の冷え頭痛眼精疲労吐き気めまい慢性的なだるさ血行不良

などの症状があり、自覚症状がある方も多いのではないのでしょうか。

 

あなたはストレートネック?簡単チェック方法!

ストレートネックチェック方法

 

① 壁に背中を付けて自分が思う正しい姿勢で立つ

② 後頭部・肩甲骨・お尻・かかとが壁につける

 

後頭部が壁に自然に付いている状態なら問題ありません。

逆に後頭部が壁に付かない、もしくは付けるために力を使う場合は、

ストレートネックが疑われます。

現在日本人でも80%ほどの方々がストレートネック予備軍とも言われるほど症状が多いのです。

ストレートネックを改善するセルフケア

ストレートネックに効くストレッチ

その1:タオル挙上ストレッチ

①タオルを首の後ろに引っ掛けます

②両手でタオルの端を持ち、頭を後ろに倒しながら、タオルを斜め上方向へ引っ張ります

③ゆっくりとあごをのど側へと引きながら5秒間キープします

④ゆっくりと顎の位置を元に戻します 同様に5回ほど繰り返してみましょう5回繰り返します。

首が少し伸びたような感覚になればいいと思います。

 

ストレートネックに効くストレッチ

その2:バスタオルストレッチ

①バスタオルを丸めて少し太めの丸太を作ります

②背骨と水平の縦方向にタオルを置き仰向けで寝ます

③両手の掌を天井に向けながら腕を広げます

④可能であればそのまま手を伸ばしながらバンザイの姿勢に持っていきストレッチをかけます

時間は30秒〜1分ほど続けます 胸の前脇周りが伸びている感覚になればOKです。

 

どちらもやりすぎはよくないので毎日続けられるセット数(多くても3セット前後)を

目安に行ってみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

一度痛みが出た場合なかなかセルフケアでは限界があります。

施術を行う事でセルフケア効果もさらに高める事が出来ます。

テレワークが増え環境の整っていない状態は、ストレートネックになる危険性が高いです。

質問だけでもOKですので、気になる事がありましたらいつでもお問い合わせください(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「JITAN BODY整体院 旭川」 PAGETOP